iラインシェーバー

iラインシェーバー|おすすめランキング!

デリケートゾーン(iライン)の処理してますか?

iライン処理してますか?

アンダーヘアの自己処理ってやりたくても意外とやれない方は少なくないと思います。

 

  • 面倒くさい
  • やり方がわからない
  • どこまで処理すればいいの?
  • 剃り過ぎたら怖い

 

などアンダーヘアの処理は意外と難しいのです。
特にiラインなどの女性器周辺のムダ毛は自分では見にくい所ですので最も難しいです

 

付き合っている男性がいた場合、ラブタイム中に処理していないiラインをじっくり見られるのは恥ずかしいですよね。部屋を暗くしても意外と見えちゃうものです。

 

自分の為にも、彼の為にもしっかりとiラインのお手入れをしておきましょう!

 

当サイトでは、そんなiラインを自己処理する為のおすすめシェーバーをランキング形式でご紹介したいと思います。

 

iライン処理におすすめのシェーバーランキング!

ラヴィア iラインシェーバー

  • iラインやOゾーンまで剃れるアンダーヘア専用のシェーバー
  • 電池式タイプのT型シェーバー
  • 安全に考慮したアンダーヘア専用刃
  • 自在にアンダーヘアの形を整えられる
  • お風呂でも使える防滴仕様
  • 重さ:約25.7gとかなりコンパクト
  • 主材:本体はABS樹脂、刃はステンレス製
  • 保証期間1年間

iラインシェーバーLCオリジナル

  • iライン専用のT字型シェーバー
  • 握りやすいグリップ
  • デザインがリニューアル
  • お得なセット品も販売中
  • お風呂でも使用できる防滴仕様
  • 重さ:約25.7gとかなりコンパクト
  • 主材:本体はABS樹脂、刃はステンレス製
  • 保証期間1年間

フェリエボディ用ES-WR50(パナソニック)

  • ビキニライン以外にも脇や腕、脚まで使えるボディ専用のシェーバー
  • 肌の凹凸に合わせた可動式シェービング
  • 石けんやローション無しでも使用可能
  • 薄い刃を使用して、根元からムダ毛をカット
  • 電池式タイプ
  • 重さ:約20gとかなり軽量
  • 保証期間1年間
  • 修理可能

 

 

 

iラインシェーバーを比較

 

ラヴィア

LCオリジナル

フェリエ

使用範囲

iライン、Oライン

iライン、Oライン

ビキニライン、脇、腕、足、うなじ

耐水

防滴加工

防滴加工

無し

重さ

25.7g

25.7g

20g

保証期間

1年間

1年間

1年間

深剃り度

ヘッド部分

T字固定型

T字固定型

スイングタイプ

使い易さ

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

 

 

 

iラインシェーバーを使ってみた方の口コミ

 

27歳/事務員

アンダーヘアの処理はいつもお風呂場でやっていました。
鏡を持ち込んで、デリケートゾーンが写るようにしゃがみ、iラインシェーバーを当てる場所をチェックしてやってみたところ、全然痛くないので良かったです。
ゆっくり動かすだけなので、力は全く要りません。

 

 

19歳/学生

彼氏に見られるのが恥ずかしくて思い切ってiラインシェーバーを購入しました。
初めてなのでちょっと怖かったのですが、皮膚を傷つける事もなくキレイに剃る事ができました。
これで彼氏に見せられるアンダーヘアになれました。もっと早く出会っていればなと思います。

 

 

22歳/大学生

以前からカミソリでiラインを処理していたのですが、皮膚が乾燥して痒みが出てきてしまったのです。それからは剃るのをやめました。
でも、すぐにゴワゴワな陰毛に逆戻り!
このiラインシェーバーに出会ってからはゴワゴワな毛もキレイさっぱりになったのです。太くて硬い毛も大丈夫なのは驚きました。

 

 

30歳/主婦

旦那からあそこの毛を処理して欲しいと言われました。
私は毛が濃い体質なので、デリケートゾーンの毛も多くて悩んでいました。脱毛するにもちょっと抵抗があったので、自己処理で済ませようと思ったのです。
とりあえず、iラインの毛を剃ろうと思ったのですが、皮膚に刺激を与えると黒ずみになってしまうのが心配でした。
何か良い方法はないかと探していたら、ちょうどこのiラインシェーバーに辿り着いたのです。
電動で刃先も怖かったのですが、デリケート専用なのであまり深剃りしない設計になっていて使いやすかったのです。
これは良いものに辿り着いたなと思いました。
これで旦那にも文句は言わせません!

 

 

36歳/事務

iラインの形が嫌だったので、思い切ってiラインの形を変えようと思ったのです。
使ってみたのがiラインシェーバー。カミソリやハサミはチクチクするのが嫌だったので電動のシェーバーを使ってみたのです。
どのiラインシェーバーも安全に配慮している構造になっているため、デリケートな部分も安全に処理することができました。
これからも定期的に使っていきたいと思います。

 

 

ハイジーナ後、チクチクなムダ毛をつるつるキレイに!

キレイに 

 

一度アンダーヘアを全部剃り、ハイジーナにしていた方。

 

 

日が経つにつれて少しずつアンダーヘアが生えてくると、チクチクする感じになってしまいます。

 

そうなると、

 

下着などの摩擦で違和感を感じる。

 

それに、

 

下着の繊維の隙間からアンダーヘアがちょこっと出てきてしまう。

 

そんな、恥ずかしい思いをしている方もいます。

 

毎回、脱毛するにも肌に負担がかかってしまい、ビキニラインに炎症が起こってしまったり、肌が黒ずんでしまう原因を作ってしまう可能性も出てきてしまいます。

 

 

確かに脱毛するとビキニラインがつるつるして見栄えがキレイになりますが、今後の事を考えるとデリケートなビキニラインの肌は優しくしなければなれません。

 

その時、ビキニラインがキレイでも、後々黒ずみなどが出来た場合、黒ずみにコンプレックスを感じてしまいかねません。

 

それに、最悪な場合、彼にドン引きされてしまう事も考えられます。

 

そう言った事にならない為に、日頃からアンダーヘアの処理をしっかりとしておく必要があります。

 

その際、自己処理におすすめなアイテムが「iラインシェーバー」です。

 

iラインシェーバーは根元から剃れるものもあれば、根元1ミリくらい残すシェーバーもあります。

 

自分の整えたい形に変える事ができる。

 

  • 黒ずみが心配な方はアンダーヘアを少し残して黒ずみ対策するやり方。
  • 見栄えを重視したい方は根元から剃れるiラインシェーバーで整えるやり方。

 

iラインシェーバーの中でもメーカーによっては使い勝手が違うので、自分に合ったシェーバーを選ぶ事をおすすめします。

 

 

 

iライン処理後のチクチクは使う道具に問題があった!?

驚き 

 

以前にもアンダーヘアの処理をしてiラインを整えた方。元々、毛が濃い方はアンダーヘアの処理をしたい方や、処理している方が多いと思います。

 

アンダーヘアの毛が濃い方は見た目が嫌だしゴワゴワしているのも嫌。

 

それに、男性に濃いアンダーヘアを見られるのがすごい恥ずかしいと思う方も少なくありません。

 

 

こんな道具使っていませんか?

ハサミを使って自己処理する人もいればカミソリなどを使って自己処理する人、ヒートカッターを使う人など様々です。

 

でも、剃った際に毛が中途半端な長さだと「チクチク」してしまい、痒みが出てきてしまう事もあるのです。酷いときには炎症を起こしてしまったり、痛みが伴ったりおしっこの際に痛くなってきたりと、大変な思いをしている女性は少なくありません。

 

そんな時に必要なのが専用の道具(iラインシェーバー)です。

 

100均一で売っているようなT字型のカミソリやハサミなどを使う場合、iラインの部分は自分で見にくい場所です。
鏡を使って処理をする訳なのですが、それでも剃りの残しだったり、アンダーヘアの長さがいびつだったりとチクチクする原因を作ってしまいがちです。

 

カミソリを使う場合、肌の角質まで剃ってしまい易く、肌が乾燥状態になってしまいます。
乾燥すると痒みが出てきて、ついつい掻き毟ってしまいます。
一度、掻いてしまうと痒みは更に増して悪循環に陥ってしまいます。
そこに、チクチク感が加わると敏感になった肌が更に敏感になり、チクチクも更に増してしまうことがあるのです。
女性器周辺の肌は非常にデリケートな部分なので、カミソリなどを使って自己処理をする場合には気をつけなければいけないのです。

 

要チェック!

また、ヒートカッターを使っている方もiラインシェーバーより根元まで剃れないので、下着と擦れてチクチク感は起こってしまいます。

 

女性器周辺のiライン部分を剃るのであれば、専用のiラインシェーバーを使うことをおすすめします。専用とあるだけ、デリケートな肌も優しく剃ってくれるのです。

 

一般的なiライン専用のシェーバーは電池式で電動タイプです。
重さもあまりなく、コンパクトで手が全然疲れないため、使いやすくて非常に便利です。
電動であれば剃り残しが少なく、長さもいびつにならないので肌がつるつるキレイになれるのです。

 

最終的に脱毛を考えている方でも、自己処理をしていた方が脱毛し易くなりますのでiラインシェーバーは持っておいても損はないかと思います。



ホーム RSS購読 サイトマップ